2017年4月10日月曜日

私が受けた言い訳ストーカーについて

 ダンガンロンパV3で集スト模倣された後、ネットで工作員らと会話しつつ思い出すものがあった。

それが「言い訳ストーカー」である。
 以下で説明する。



1 集団ストーカー.info
 集団ストーカー.infoは工作員が私向けに作った工作サイトと思っていた。(書かれた内容には正しいものが多い。)


 経緯は、私が集団ストーカーのネタバレ(私がいつも見ていたネットの掲示板で「逆生命っていうんやなw触ると腕が腐り落ちるんやなw覚えておくんやなw」などと、私のRPGで没にした「逆生命」という単語も使いつつ、ゲームのセリフ内容に触れたコメントが書かれるようになり、日記に「やっぱり見られてると辛いよね」と書いたら「ずっと見ているよ」「やっぱり辛かった?」と連貼りしてスレ住民を怖がらせた挙句「裁判してる人もいるらしいな」とリンクを張って挑発。)を受けた後、2chの集団ストーカー関連スレッドを見るようになり、私としては有りえない事に書き込みまでして「え~じゃあ、泣き寝入りって事?困るなぁすごく困る。」と書いたところ、「サイトを準備中」とあり、その後出来たサイトが集団ストーカー.info。確か一月後くらいに出来て、色々な掲示板で宣伝されていたと思う。

 その後、私が入社した越路金属では、まさに集団ストーカー.infoに書いてある通りの工作をやるなど、私に「集団ストーカー」と分からせるために使われた。岡本物流でも何の脈絡もなく「もうなにやってるか分かんないか!大変だな!」とサイト通りの言葉を掛けられる。
 また、実際に私に監視を仄めかすため、書いてある内容を私の行動に合わせて変えるなどしていた。

 集団ストーカー.infoは、変なことも書いてあるし、なんだかトップページ下部の文章もおかしい。たぶんデマとか、工作員の趣味なのだろうと考えていた。
 言い訳ストーカーというページも同様である。


2 言い訳ストーカー
 当初、私は書いてある意味が分からなかった。
 (「裁判と事例」ページを参照ください)とあるけど、見ても無関係に見える。

 特に意味が分からないのが以下の記述である。

「言い訳ストーカーって何?」

 当方は請負側の人間ではないので本工作の意義は不明ですが、新世紀エヴァンゲリオンというアニ
 メに似ている現象で、このシナリオを遂行すれば人生が開眼できると信じている組織の工作です。
 貴方が主人公の碇シンジという役柄とします。
  1.ある日突然、セカンドインパクトという大爆発(集団ストーカーの発動)が起こる
  2.使徒という敵(宗教工作員)が出現する
  3.使徒と戦うため、ネルフという特務機関に入れさせられる(集団ストーカーへ引きずり込む)
  4.初号機に乗せられ、使徒と死ぬ気で戦わされる(自殺強要モビング等の実施)
  5.零号機、弐号機という仲間ができる(孤立させない目的)
  6.様々なパターンの敵が出てくる(ストーリーが作られる)
  7.主人公は「僕はこの世界にいていいんだ!」と気づく(この頃には不正が消滅する)
  8.最後は、皆で「おめでとう」等という不可解な終焉を迎える
 この7~8に該当する段階が言い訳ストーカーとなります。集団ストーカー“犯罪”を“手法”、
 つまり「天から見てた神の声システム」に変える目的で、尾行、待ち伏せ、盗聴等の陰湿性を覆い
 隠す目的で実施される常習性の工作になります。この“脚本”が請負側の商売になっており、集団
 ストーカー加害に加担する工作員は自らをキャスト(≒英雄)と思い込んでいます。このように、
 アニメには集団ストーカーシナリオの一部のような題材があることが報告されており、アニメ業界
 は宗教学会の資本になっていることもあります。
 請負側じゃないから不明とか言いつつ、「シナリオを遂行すれば人生が開眼できると信じている組織の工作」とか言ってるのは…つまり、請負側だから、こんなふうにふざけて書いてるんだろう。
 孤立させないように仲間ができて不正が消滅し、「おめでとう」と不可解な終焉。
 事情を知らない人には「疑心暗鬼にするため」の文章に見えるかもしれないが…よく聞いていただきたい。

 
 その後、実際に、岡本物流で谷内という男とその他で対立する演出とか、ちゃんと私が谷内に味方するか見られてるみたいな変なことがあった。

 私が今いる職場でも、朝一で私生活などを仄めかしてくる工作員が、裏で私と他人との対立を煽りつつ私の味方となり、その後も私の味方をし続けるなどして「疲れた」とボヤいている。
 しかも、その人は自分が持ち上げていた親分役(私との対立役)を見捨てて私の味方をするのだ。何故そうなるのか、私にはまるで分らない。
 こちらが辛く当たると、「俺、栗原さんと話してて少しも良いこと無いんだけど…」など言う。貴方は何なんですか、という感じ。
(私は当初、無口無表情で話しかけられても殆ど反応せず、「あー」とか「はい」しか言わなかった。普通は嫌われる。工作員曰く「受け容れられるようにしてあげた」とのことだが、私が話すようになったのは後輩が出来てからだから違う。)

 他の被害者が言うように、「彼らは悪人ではない」と思わせようとしているのだろうか?(私の感じだと「囲い込んで監視を仄めかされるのが普通だと思わせようとしてる」んだが…私の感じ方がかなり末期なのだろうか。)
 何で彼のような底辺労働者がそんなことをするのだろうか。
 そして、隠れてやっていても実際はバレバレなので、どう見ても悪人である。

 (彼は自己中心的な性格で、裏工作がバレそうになった時には、いきなり自分のことを「屑です」と言い、同情を引きそうな半生をぐだぐだ語りだすなど、本当に屑なのだが、そんな人間がどうしてか私の味方をする。
 また、「子供に孔明ってつける人が最近多い。」と創価みたいなことを言ったり、「創価学会の上の人は良い人なんだけど、下の人は屑が多い!(笑う)」などと、世間の評価からかけ離れたことを言う。また、「うち月収600万ある(奥さんの収入込み)んだけど、支出が多い。一体なんでなんだろう。」とか、いかにも創価学会の財務に使ってそうなことを何度も言ったりする。)


 そして、ダンガンロンパV3である。
 私が無視し続けていた集団ストーカーと嫌々向き合わされ、ネットで周知活動などと言って書き込んだりしていたところ、もうやめさせようというのか、ダンガンロンパV3でさんざん集団ストーカーを模倣した上で「おめでとう!」と終焉。


 私が被害公開した後のメディアストーカーは、私生活の内容も有りつつも、私のゲーム内容や被害公開内容を使って工作するようになっていた。
 しかも、その比率がどんどん高くなっていき、ダンガンロンパV3で私生活要素が殆ど無くなる、という事態。
 内容は、暗に「勘違い」というメタメッセージを含むものだった。

 これは「見方が悪い」「みんなでやったんだよ」とか、「ターゲットの為に費用をかけた」「ここまで声を届けた」という言い訳ストーカーと同じである。

 まあ、私も自分でネットで周知したので、それが原因でストーカーとその他の区別が付きにくくなったのでは…という気持ちはある。しかし、そうだとしても手かざし表現が多くのストーカーシリーズで流行するなど、やはり異常と言わざるを得ない。

 最近の私を取り巻く状況は殆ど、言い訳ストーカーばかりである。
 こんなことがあるものだろうか?

 集ストinfoに書いてある通りのことをされていたと気付いて、かなり動揺してしまった。
 メディアを使ってやっているというだけで、他のことは何も変わらないのだ。
 「すべて仕組まれていた」という、パラノイアのようなショック。(私はストレス反応だとパラノイアが一番出やすいらしい。)

 それで、私が「首謀者」とか「楽しむためにやってる」とかの話を信じていたのを思い出した。
 それらは私がメディアストーカーとかネットとかでの仄めかしを受け続けた結果抱いた感想であり、彼らの楽しそうな様子がそう思わせたに過ぎない。実際は、マニュアル作業なのだ。


 本HPは言い訳ストーカーのシナリオについて大して言及せず、その手法でとらえます。ターゲッ
 トに対しては「言い訳ストーカー」であることを一切通知しないほか、理由も知らせず、嫌がるタ
 ーゲットに対しそのシナリオを「強制、強要」します。ターゲットが決して望まないようなことを
 刷り込んだり、強制したりし、被害者が何をしても工作されるルートが作られる“出来レース”に
 なっているのが特徴です。一般社会的には容認され易いような理由を探し出し、巧妙な手段を使っ
 て以下のような「ごまかし(もみ消し)」「やらせ」にあたる偽善工作を実施します。

  ・自殺強要ストーキング、不正の隠蔽、常習性工作であることの覆い隠し(隠蔽工作)
  ・首謀者側、請負団体の社会存在性を暗にアピールする手段(水面下の宣伝工作)
  ・ターゲットが首謀者に近づかないという、ターゲットの悪評化(同情工作)

集団ストーカー“犯罪”を、集団ストーカー“手法”、つまり「天から見てた神の声システム」に
 変える目的で、カルト(とそれを利用する組織)は知識人の考える以上に法律上、社会通念上の盲
 点を突いたような工作を実施し、暗黙的に自らの社会的存在意義(強さ)をアピールします。これ
 が真の目的ですが、隔離すべき被害者よりも協力者に対する洗脳の意味合いが強い常習性の工作で
 す。茶番のように仕立て上げますが、ターゲットの神経を逆撫でする要素を刷り込みます。

 「天から見てた神の声システム」とは盗撮盗聴の仄めかしのことなんだろうが、「神の声」とは正に私が受けていたメディアストーカーの仄めかしである。

 だから、私が受けていたのは言い訳ストーカーだったのか!!!と思える。




 




3 その他

 既に7年前に予告されていた言い訳ストーカーと同じことを延々とされていると思った私は動揺し、過去に重篤なメディアストーカー被害に遭っていたころの自分に戻ってしまった。

 メディアで仄めかされるので、こちらもメディアを使って仄めかしたのだ。
 (工作員に伝わるよう、メモ帳に書くなど。よくやっていた。)

 メディアストーカー工作企業へのビデオメッセージです(20170319)

 ゲーム会社やガンダムオルフェンズのアニメスタッフが自分のことが知られており、それでわざわざ揶揄うためにやっている、と思えた件についても、やはり妄想に近い。
 とはいえ、私は被害を公開しているので、まったく根拠がないわけでもないのだが…
 
 ペルソナ5やダンガンロンパV3の集団ストーカーについて動画を投稿し、「やめなさい!」などと主張したところ、3日連続で新聞の『折々の言葉』(鷲田清一)で仄めかしがある。
 私がPCのメモ帳に「マニアック向けに作った。人に親切にしたくないんで」と書くと曰く、「何もしない人を敵視しがちになるが~~略~~やりきれなさを抱え込まずに、人々に伝わる言葉に置き換え、社会を変える行動に落とし込む」。
 また翌日、私がメモ帳を書き足して違う内容にすると、「人の言葉は揺れる。~~略~~状況次第で、その筋書きも事実とは真反対に歪むことがある。~」となる。
 (最近でも結構ある。このコーナーだけであり、過去に新聞広告でよくあったので、仄めかし伝言ゲームのルートが変わったのだろう。鷲田の文章を選んで言わせればいいのだから、広告の宣伝文を使う必要は無い。なお、ちゃんと私宛とわかるよう、煽りメッセージと私的な仄めかしとセットで行う点は同じである。)

 また、私が帰宅する際にも連日、監視を仄めかす車が出現した。しかも、いつも私の前に出てくる。殆ど交通量の無い夜道で時速40kmで走り、毎回違う車。
 何故かその日はやたら動きまで変だった。わざわざ私に抜かせないように(?)道の真ん中を走って見せるとか。なお、携帯電話を取り出して撮ろうとすると走り去っていった。この車だけ、ナンバーに光が当たらないように隠してたな。
 (夜道の車について、職場の工作員も「そうやってイラつかせて事故を起こさせる」などと言っていた。
 それ以外にも、去年は一度露骨なことがあった。
 家で私が父に「危ないから車の窓開けて応対するなよ!」など言われると、その数日後にわざわざ信号待ちしてる私の車の隣に乗り付けて、車内から顔をだしてニコニコと笑顔で「兄さん!兄さん!」などと声を掛けてくる。それで私が窓を開けて「なんですか?」と聞くと「〇〇橋どっちですか?」と聞いてくる。すぐそこ。一キロ先の橋である。迷うはずもない。道を聞きたいならコンビニもあるし。本当に有りえないことをして露骨に監視を知らせてくる。)




 また後日、私が別の動画をニコニコに上げ宣伝すると「有名人」などと工作コメント(削除)。
 「有名人だからメディアがやっても仕方ない」と言いたいのか?そんなことあるものだろうか?
 私は全然有名人じゃないし、私のことを工作しても何の利益も無いと散々言ってきた癖に、である。なお、その後「ネタです」とか「これ元ネタあった」など、いつもの暴言や否定コメントだけでなく、デマや無関係の誤誘導まで使って動画内容を貶めようとする。

 これもまた、集団ストーカー.infoの言い訳ストーカーの項で説明されていた状況と同じである。
 「勘違い」とか、私が悪いようなメタメッセージを受け付けないので、ひたすら叩くというマニュアルに従った行動だ。
 

 なお、この時は夜道での工作は無し。


4 終わりに

 ダンガンロンパV3では「気弱な人を推理名人にすると面白いかもと思った」とある。
 偶然にも、これは私が受けているストーカー被害と似た状況に思える。

 彼らは本当に私を励ましたり煽ったりしてストーカー被害を記録、公開させようとする。ダクソDlcもそうだし、ダンガンロンパV3もそう。

 私の周知が全然できてないから、工作がどれだけ伝わってるのか実験に使えるという考えなのだろうか?
 もしかすると、既に次の被害者を選定したところかもしれない。

 私の被害を参考にさせ、読ませるために記録させているのか?
 あるいは、被害を加えても安全な対象を使っての実地訓練とか、自分たちの組織の評価を気にしてのことなのか?

 はたまた、全然なにも考えてないのか。

 彼らの闘争は「関心を引き付ける」に始まり「被害者や周囲に統合失調症と納得させ、入院させるなど社会的・経済的リスクを負わせる」となり、人権侵害なのは確かである。




0 件のコメント:

コメントを投稿