2015年6月9日火曜日

ニコニコ動画 ネット上の工作

概説
 監視を知らせる目的で、断続的な仄めかしが行われたもの。
 その一方で、動画投稿サイトということもあってか、動画を使った仄めかしと見られるものが多いのが特徴。
 やってることは「ネットでの仄めかし」と同じ。

 やはり、あまり覚えては居ない。


事例



・いつ終わるんだ交響曲というのを作りたいと日記に書いたら、少ししてかーずSPというサイトにいつ終わるのか分からない交響曲を作ったというニコニコ動画の紹介がしてある。



Unexpectというバンドの動画
 ネットでたまたま見つけ、聞き出したバンドで、好きなのでよく聞いていた。
 ニコニコでも動画があったので見たら、私がいつも嬉しそうにしている箇所で「一生プログレやってろ」などとコメントがあり、驚くことになった。
 大して有名なバンドではないし、嫌いなのにわざわざ見に来るのが分からない。
 私が見るだろうということで、あらかじめ書いておいたのだろう。
 私が見たときには再生数700くらいで、否定的なコメントの比率が高かったと思う。


・MUGEN動画を見た後、その様子を真似をしてノートに文章を書いた。
 文章だと不穏なのに動画だと笑えたので。
 翌日、同じ動画を見ると、大き目の黄色い字で「○○理解wwwww」とコメントが流れた。
 日記の内容に対してのコメント?


・外山恒一の動画を見て、翌日もう一度見ると、なおき☆という人が宣伝していて、コメントで「なおきくんww」などとある。しばらくしてもう一度見ると表示されないが、宣伝欄を見るとある。現在、この動画は無くなった模様。


精神病患者から見た世界(字幕つき)という動画

 コメントに「集スト受けてるけど、こんな風にはなってない。やはり健常か」と書いたら、翌日アップロード者のコメントが変化していて、集団ストーカーという言葉を使うようになっていた。

 動画に流れるコメントは「気のせいじゃない?」というのが増えていたが、その中に「ホルモン分泌が多い人はこうなりやすいらしいよ」というのがあった。
 私が昔に書いた日記の自己分析の内容で、ホルモン分泌が多いから感情が大きいという趣旨のメモをしたことがあった。
 ホルモン分泌と統合失調症は科学的には何の根拠も無いはずなので、私に対するわかりやすい仄めかしとして為されたものだろう。

 また、気にしすぎかもしれないが、ニコニコ動画にこの動画が投稿される数日ほど前に、越路金属の常務も、この動画に出てくるような歪んだ顔を真似してか、私のことを見ながら口を開けて伸ばしたりなんだりしていた。
 私の話を聞いてない様子で、自分の顔の動きに注意を向けてて会話が滞るような感じだったので、何やってるんだろうと思ったが、事前にそうするよう取り決めがあったのかも知れない。
 まあ、動画の顔はありえないほど歪んでいるので、真似をするというのがもう無理な話なんだけど。



・なぜだろうキャンペーン

 私の私生活の情報を使い、「なぜ○○」などの言葉で監視を仄めかす。
 キャンペーンは本当は色々あったようにも思うが、今ではこのくらいしか覚えていない。

  例を挙げると、私が東方プロジェクトの諏訪子についてノートに書くと、ランキングに諏訪子の動画があがり、「何故諏訪子」というタグがついている。

  また、日記に「動画をいつも検索して探して見ている」と書いた人(土安改)についてのニコニコ百科事典が出来、「この君主は何故ここまで人気になったのか知りたいな」と1レス目に書かれている。
 しかも、その人は諏訪子を動画のサムネイルに使用するようになる。



・2011/7/16 6:50ころ

 ニコニコ動画 ログイン障害
  ログイン直後は動画を見れるが、他の動画も開くとログインが解除されている。
  ログイン直後に他動画を開いてみると、1秒しか経ってないのにもうログイン解除されている。

  検索してみると、他の人もログイン問題はあったらしいが・・・

  30分後、yahooのパスワードを変えたら何事もなくなったので、監視を印象付けようとしたものだろう。ニコニコのパスワードは変えてないし。




ニコニコ動画の生放送をやっている人が、配信を消し忘れて自慰行為?を配信してしまう

 その様子が動画になってランキングに上がっていたのを視聴した。

 放送が終わった際に急に目つきが鋭くなるというのが、当時、期間限定的に私がやっていた顔芸的な動きと同じように見えたので、また集ストかと思い見ることになった。

 だが、普通自分の社会的評価をそのようにしてまで集ストを行うだろうか、、、という。
 誰かに乗せられたのか偶然としか思えないが、一応。



・ゲームで攻撃全振りにしていたら、いつも見ていたmugen動画の最新で「攻撃全振り」のタグがつく。
 (mugen動画は当時で1年くらいずっと見ていたと思うが、そういうタグは見たことなかった。
  mugen動画の内容からして、そういうタグがつくことは別におかしくはないが、タイミング。)



・0時の時報

 監視を知らせるためと見られるコメントが流れる。
  天皇制の是非について書くと「天皇制を廃止しよう」
  別窓でエロ動画を開いていると、「オナってる?」「ちゃんとオナってる?」「オナってる?」
  
  他、私が見ていたのと関係あるのか知らないが、「しね」というコメントが流行るようになる。
  あんまり嫌な気分になるので、時報は見ないようにする。
  そのあとも、たまに見ると「しね」とあるので、たぶん毎日やるようになっているのだろう。



・2014年07月ころ 
 毎日毎晩、不眠で夜遅くまで起きてパソコンばかり見ていたので、ニコニコ動画を見るときなど、目が痛くて動画が始まる前に画面から顔を逸らしていたのだが、動画が始まる前の宣伝でAKB48が「目にしみ~ても~、ちゃ~んと見~ろよ~」と歌う映像が流れるようになる。
 しかも、その部分は飛ばせない。

 (2015年3月)
 AKB48は、秋山康作詞による「僕たちは戦わない」という曲を発表。
 歌詞は憲法改正の動きに対抗する主張を含んだものと思える。
 しかし、題名はそのまま本サイトの概説を要約したような調子になっている。未だに私が戦おうとしないからか?



・2014年ころ。
 ニコニコで動画を見ていると、上に一行ニュースがでてくるのだが、その内容が私の家での発言とか、車の中で言ったこととかと対応しているようなことが続いた。数ヶ月ほど。

 具体的には、「面接に私服OKでもスーツじゃないといけないのはこちらから願い下げ」とか、進撃の巨人の一巻を読んだけど絵が下手だね=「進撃作者絵が下手」など。
 他にも結構あったが、忘れた。



私の真似


ゲームしながら「欠片」のことを「けっぺん」「ケッペン」と言っていたら、ランキングにある実況動画で「欠片」を「ケッペン」と言うのが流行り、笑われている。

・丁度「白い巨塔」というドラマを見たので、ゲームをしながら真似して「あら~いらしたの~やだ~やだ~」と言いながらプレイしていたところ、一週間後くらいにキリンさんも実況動画でそういうことを言っている。

・ゲームしててミスしたときなどに、「これやっぱポンコツですな」「ポンコツ!」と一人で言っていたところ、3人で実況してる動画で似たようなときにやはり「ポンコツ」と言っている。


たすく氏にメールで「わからない(わかる)」と書いて送ったところ、ニコニコでも同じコメントが流れる。しかも()つきコメントが流行る前だった。


・動画を見つつ「ふむ・・・よろしい。続けたまえ・・・」など言ったところ、ランキング動画でも継続的に似たようなコメントが色々形を変えて書いてあった。









ボーカロイド


経緯
 マダラカルトという曲を見て、どうもこれは集ストと関係がある(以下で説明)と思い、ボカロ曲も見るようにする。
 すると、それに合わせてか、他にも集スト仄めかしと思われるような歌詞の曲がいくつもランキングに昇るようになった。
 ボーカロイド曲のランキング入りはメディア関係者が多いという噂


マダラカルト12/05/06 20:42 投稿

 トーマ作曲 Eureka収録。

 動画を見ると曲の背景となる物語も記述されているが、そちらの方は私とは関係ない。

 ただ、他の設定で、イチゴウが意外とノリノリでいかさま宣教師やってるというのが当時の私の日記の調子と似ているし、「酒を飲むといつも吐いている」というのが2012年2月から勤め始めた職場の同僚に「酒を飲むといつも吐いちゃうんですよ」と言った後だったのと、なんだかマスクをしているというのが職場でいつもマスクをするようになった私と関係あるように思える。



 歌詞について

 そこの信仰も混ぜ込んじゃえば 世話焼きのパトロンも泣きだした = 集ストネタバレ後の私の日記の傾向( と、それに対する彼らの評価?

 悶える倫理 = 私の日記に倫理がどうのと書いていたことについてか。

 咲いた神経裁断 = 集ストスレを私が初めて見たときに、「咲いたはうるさいな」とか「咲いた」を主語にした書き込みがたくさん続いていて、「咲いたってなんだよ」と普通に聞かれてるのに無視されていたのを思い出す。もしや咲いたというのは被害者についての符牒か。

室外機 騒音 耳を塞げ = ブンブン煩い音について警察に電話したりしたことか?しかしあれは室外機ではない。

 呪術にかまけた防毒マスク 吐息の向こうで笑っていろ = マスクしてたのは笑いたかったからでもある。なんだかあっさりばれたということなのか、めだかボックスにもスキナサキサキというマスクで笑いを隠すキャラが出てくる。

 サイコパス 還ろうか 籠の中 もう息は止まっている = この時点で嫌がらせの目的は達していたということか?

 オルガンは鳴らない = 私のRPGのラストシーン 私にとって重要なところだとよくわかるためか、ラストシーンに関係する描写と思われる仄めかしは多い。

 さあ同化と蘇生を もう一人なんかじゃない = 「人の輪でなんとかなる」という集スト理論を思い起こさせるため?現実の私の状況は、会社に入って働き出した頃。



 マイリストコメントを見ると、ワンルーム似非宗教とある。
 東京に引っ越した私が社員寮に住み、哲学と神秘体験の関係について書いてあるサイトを見て、日記にそういうことを書いていた当時の生活とも一致する。

 運命の女神とかルシファーとか、道教とか禅とかキリスト教とか書いていた。
 また、気になってトーマという人のこれ以前の曲も聞いてみたが、そちらでは特に仄めかしは無い。
 しかし、以後の作品には私への集スト工作と見られるものが続く。




九龍レトロ 2012年09月07日 19:00 投稿

 トーマ作曲 Eureka収録。

 大団円で 裂ける空に お前の殺した 太陽はあるか  =  私のRPGのラストシーン 



アザレアの亡霊 12/11/05 18:59 投稿

 トーマ作曲

 「肉体が消えようとも、世界の邪魔者になってしまったとしても、
  この精神だけはなかったことにしないで欲しい。
  そんな曲だと思っています。」
 とある。

 歌詞を見ても何のことかは分からない。単純に曲と無関係に、私へのメッセージか何かか。


 曲の声が非常に高いのは、このころ私がRPGツクールVXで曲調を1.5倍にしたりしてずっと聞いていたので、そういう作曲テーマになったのだろう。
 おそらく私が気に入るように、という配慮だろう。監視を意識させるという目的でもある。


 たかじんの委員会という番組でも、やはり集ストめいたことへの言及があった。
 (具体的には、勝谷氏が「仄めかしって言うんです。汚い奴らだ」と発言したりした回。)
 「緩急をつけるのがマニュアル」など方法について金さんが話していた。
 割と良く知られたことなのかと思う。
 私の気を引くために、マニュアル的にやったのだろう。


 動画中央で顔を両手で覆っている人・・・・私はいつも椅子から立った時などに両手を上にあげて、ダークソウルの太陽崇拝みたいなポーズをするのが好きだったのだが、東京の社員寮では明らかに監視されているので、こんなポーズして喜んでる場合じゃないという気分で新しく両手で顔を覆う仕草が加わった。それが仄めかされたもの。

 「誰か許してよ」という歌詞は、集ストがつらいだろうという思いからつけられたセリフなのか、それとも僕にこう思ってほしかったのか、挑発のつもりなのか、いやそもそもそんな目的なんて最初からなくてマインドゲームなのか、というところ。



オレンジ 12/12/20 19:42 投稿

 トーマ作曲

 投稿者コメントで、「ぜんぶ、なかったことにしよう。」とある。

 とりあえず、トーマだし私に言ってるんだろうと思われる。
 その意味は、集ストを無かったことにしてくれということかと思える・・・

 しかし、私としてはそもそも無いものとして扱っていたところ、ネタバレまでされて「じゃあ」と気にしだしたら、こういうことを言って嫌がらせをするわけだ。
 まあ、「なかったことにしよう」などと言われ続けて忘れる人はあんまりいない。

 しかし、考えようによっては、このころ私は毎日仕事で睡眠時間が減っていたし、職場でも嫌がらせが続いて辛い状態だった。今なら効くと考えた可能性もある。
 しかし、集ストが続いてるのに私がそのように受け取るのはどうもおかしい。
 つまり、私の態度に反対して「気づけ」「構うな」を繰り返す、いつもの手法ということ。
 
 歌詞の内容は特に関係ない。
 2012年2月ころからこのころにかけて、トーマに集スト勢力の影響があったのだろうと推察される。
 この後、トーマ氏は2曲を発表し、居なくなる。



こちら、幸福安心委員会です12/06/15 16:26 投稿

 うたたP作曲
 鳥居羊作詞

 ラノベやってると言う割には恐ろしくセンスのない歌詞だが、つまりセンスより集ストを優先したということだろう。
 ニコ動をみているのは子供が多いから、あまり難しい言葉を使うと流行りにくいという考えもあったのかもしれない。

 幸福を強制され、幸福でない人間は反社会的として始末される管理社会を描いたパラノイアというTRPGが元ネタとしているが、この歌詞を書いた人は元ネタあまり知らないんじゃないかと思う。
 たぶん時間もあまりかけず、やっつけで適当に書いたんだろう。
 言葉というか単語だけで感化的に怖がらせようとか、そんな印象を受ける。

 このころ、集ストでは私が現実を見ていないとかなんとか仄めかしがあった。
 まあ詳しくは忘れたが、なんとか挑発して「いや私は幸福だ」と言わせようとしていたんだと思う。

 彼らがそうしたい理由は、挑発だとか罵倒・あるいはその逆に肯定・賞賛などで、対象の人生の目的とは無関係で無意味な人間心理の勝ち負け・駆け引きのサイクルを常に意識させるよう、対象の活動を制限させながら管理的に状態を運営していきたいと考えているからだろう。

 しかし、実は私以外に対するメッセージでもあるのかもしれない。
 この人たちは不特定多数の人たちに対して同時に同じような工作を行って、ニコ動のような有名メディアでいっぺんに工作を行うという方法を採っているのではないかと思う。
 私から盗んだ言葉で私に対して行う集ストでも、同じ言葉を他人に対する加害目的で使用することもあるだろう。

 『こちら、幸福安心委員会です。』では、「幸福なのは義務なんです」を繰り返す際に、「幸福なのは、(リズムのみ)」というふうにしている。
 JーPOPなどでもありきたりな手法ではあるが、ここでは執拗に繰り返される。というか、それしか使われていない

 集ストやる人たちは、対象に被害の思考回路を自分で形勢させるために仄めかしを繰り返し行うのだが、そういう行動思想というかやり方が直裁に出たものだろう。
(脳のニューロンにそういう思考回路を自分で形成させやすくするよう訓練させる。
 自分で自分のことを悪く思うよう仕向けられると頭に来るアレ)


・『永遠に幸せになる方法、見つけました。12/08/27 13:23 投稿

 うたたP作曲

 女神に幸せをお願いする歌詞。このころから、「女神」関係の仄めかしが多くなった。
 

 歌詞と別に動画の絵でいろいろ描いてあったらしい

・1:15 懺悔の部屋 jack ※jackは右下にちょっと薄く書いてあります
・1:16 上:禁断の儀式 下:(逆さま)未来永劫 永遠永久
・1:39 禁断の深夜バラエティ
・1:49 十字路の神レグバ
・1:50 イケニエの血のワイン
・1:50 VOODOOの女神 マリア香水
・1:51 求められた安らぎ
・1:52 上:死AMEN 下:永遠に生きるという罰
・1:53 絶対
・1:54 儀式
・1:55 ZONBIE 罰
・1:55 絶対二間違エルナ
・2:26 ZONBIE 罰
・2:28 絶対の愛と服従
・2:30 愛の神格 Erzulie
・2:33 快楽 束縛 驚異的なチカラ
・2:34 情け深く嫉妬深い
・2:36 裏切恋敵許サナイ
・2:37 愛の神格 Erzulie
・2:39 白と黒の混沌
・2:39 抵抗の最後
・2:40 待っているのは必ず死 ※重要この後に笑顔になった悪魔ミクが出てくる
・2:41 永遠に幸せになる方法、見つけました
・2:50 鐘そして血まみれの手達
・4:04 懺悔の部屋 ZANGENOHEYA JACK
・4:05 禁断の儀式 未来(ry
・4:21 ZONBIE 罰
・4:21 不首尾
・4:22 絶対二(ry
・4:52 ZONBIE 罰
・5:00 絶対の愛と服従
・5:00 ZONBIE 罰
・5:00 血まみれの手達
・5:01 死AMEN 永遠に生きるという罰
・5:01 永遠に幸せになる方法、見つけました
・5:02 永遠の幸せ ※脱字ではない
・5:02 ZONBIE ※ズームアップ
・5:03 死AM ※ズームアップ
・5:03 一人だけ首の取れた写真
・5:03 安らぎ
・5:03 永遠に幸せになる方法、見つけました
・5:03 永遠の幸せ
・5:04 きょうからぞんび
・5:11 間違えるな



 「天国と天獄を間違えた」と動画紹介のコメントにあるのは、私の夢見る骸というRPGの天国というキャラが「一人でいるとき、人は一人ではない!他人といても、ゼロだぁああ!」と言って絶対天国状態になってパワーアップし、極楽天地獄丸という技を使って来たりすることに由来するのだろう。
 ちょっと前の日記にもよく「日々思う、ここは天国だ。」などと書いていた。


 今日からゾンビと書いてあるのは、私が日記に「私はゾンビだ死んだ」という趣旨のことを書いたりしたためか。
 間違えるなとあるのは、私が自分で言ってることに便乗したものと思われる。
 自分で言ってるのに他人に言われるのだから、やはり挑発だろう。


(私が見ていたひまわり動画のコメントで、アニメでは誰も死んでないのに、動画の初めの方で「あいつは死んだ!w m9」というコメントが脈絡なく登場したのも、私がそういう日記を書いてから。)
 また、夢見る骸エンディングルームでも「ゾンビになりたくねー!」と言ってる人が居る。



・『一途な片思い、実らせたい小さな幸せ。12/11/23 17:40 投稿

 うたたP作曲

 歌詞の内容は、ストーカー女が好きと言いながら相手を殺すみたいな話。

 たぶん「好き」という言葉は集ストの一般的な方法としてあるのだと思う。
 『地球最後の告白を』や、ステストの文章で猟奇的な女性が好きといいつつ相手にひどいことをするのだが、私に対するストを思わせる記述と一緒に使われていた。

 このころは流行っていたのかもしれない。私以外に対してもメッセージになりうる。
 この歌ではそうして作られたのだと思われる。



地球最後の告白を 12/06/26 19:01 投稿

 kemu作曲

 歌詞に「そして」が多い。
 非常に露骨に多い。
 依頼されたものだろう。

 同時期、私が日記に「そして」ということを「途上にある」ということとかけて、よくメモに書いていたからと思われる。

 世界が灰になったということも書いていた。この曲では2回書かれている。
 私のRPGでも燃えて滅んでいたので。

 そして、私を好きと言っている。
 「家政婦の三田さん(SMAPSMAP)」で監視を仄めかしつつ、「勘違いして喜んで泣いてる」という嘲笑・当てこすり工作を引き継いだものだろう。
 ゼクレアトルというweb漫画でも踏襲される。



ジッタードール 12/02/25 15:01 投稿

 niki作曲

 ジッターというのは、私のRPGのキャラの名前。
 「いらいらする」という意味の英語なのだが、偶然一致していたので、視聴。

 すると、なんだかこれは集ストの仄めかしになっていると気づく。
 具体的に言えば、夢見る骸関係。


 「空を砕く光」、「声を枯らして嘆く」というのは気になるところ。

 「異常なああああ、うあああ」という歌い方をする。
 これは私のRPGのセリフに「あああ!うぁあああああぁああぁああぁああああっっっ!」というのがあるからだろう。
 




 それで気になって、nikiの昔の曲とかも見てみたのだが、最初にアップロードされた曲のタイトルが「太陽」となっている。私のRPG(接続数800)をプレイしたのか?そんなわけが無い。


 他の曲名で-ERRORとか+REVERSEとある。
 -と+の対比のようだが、私のパソコンのフォルダ名に「-metal」などとあったので、その模倣とも思える。



被害妄想携帯女子(笑) 14/04/01 18:00 投稿

 なんかモロにアレなネーミングなので、一応見てみたところ、やっぱり当てつけみたいな歌詞。
 「絶対に許さないよ」はふたばちゃんねるで流行したミームだが、実は私が元ネタという可能性もある。それはこの曲とは無関係として考えても、集ストの「許さない」キャンペーンの一環だろう。
 別に私が対象とは限らないが。







0 件のコメント:

コメントを投稿